2012年11月16日

間違ったサプリメント選びは健康を害する

健康食品やサプリメントは、トクホという厚生労働省に認められたものとは違います。
たくさんあいまいな部分があるといえるようで、いくつかの規制はあるものの理解するのは難しいでしょう。
その中には話題やイメージだけが先走って健康に効果があると思われてしまっているものもあるでしょう。
流通がその利用方法によっては副作用が生じるおそれのあることがはっきりしないままということもあります。
結果としてサプリメントによって健康被害が発生してしまったことがあるそうです。
副作用の発生などサプリメント自体に原因があるものが、サプリメントの健康被害の例の一つとしてあげられます。
マスコミによる情報や他人からの体験談を鵜呑みにしてしまい、健康を自分の身体に合わず害してしまったという場合もあるといいます。
原因の一端が消費者にもあるといえることがあり、健康をサプリメントの用法容量を守らずに、過剰摂取して害してしまったなどです。
場合によっては健康被害が服用している薬との飲み合わせが悪かったり、病気に悪影響を及ぼしたりしたために起こることがあります。
栄養の中で食事ではとりきれないものを補給する目的で、サプリメントは利用しています。
ですが場合によっては、サプリメントに健康意識の高さがあだになり頼りすぎてしまうそうです。
代表的なサプリメントの間違った利用例といえるのが、サプリメントを食事代わりに利用し結果かえってバランス崩して健康を損ねてしまうことでしょう。
posted by ミク at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302124598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。